今年のドラフト会議ではフロントの挑戦があった。投手は高身長としていた評価基準を取っ払い、チームで最も小柄な投手となる173センチの田中法彦(三重・菰野高)を5位指名。7位ではドラフト指名83人で最も低い167センチの内野手羽月隆太郎(鹿児島・神村学園高)を獲得した。

...    
<記事全文を読む>