広島東洋カープの大瀬良大地投手が9日、野球教室で広島県世羅町を初めて訪れた。「世羅台地」に名前が似ている縁で、町内産の米を贈るなど支援を続けてきた町民たちは大歓迎。「これからもエールを送り続けたい」と誓っている。

...    
<記事全文を読む>