プロ野球セ、パ両リーグの現役選手がファンと交流する「ベースボールクリスマス2018in石川」(日本プロ野球選手会、同実行委主催、北國新聞社特別協力)は9日、小松市のこまつドームで開かれた。北陸初開催で、航空石川高OBの角中勝也外野手(ロッテ)、星稜高OBの島内宏明外野手(楽天)ら全12球団の計28選手がキャッチボールやトークショー、じゃんけんなどで約1万2千人(主催者発表)と触れ合った。

 

 県高野連創立70周年・小松市野球協会創立90周年の行事として実施された。選手とじゃんけん勝負する「安宅の関所やぶり」や、柳田悠岐(ソフトバンク)や中田翔(日本ハ...    
<記事全文を読む>