ポスティングシステムで米メジャー挑戦を目指す西武の菊池雄星投手(27)が9日、故郷の岩手県で移籍に向けての心境を明かした。盛岡市でのイベントに参加。「楽しみと不安の両方。どうなるか分からないし、いろんな感情がある」と打ち明けた。

 3日に西武がポスティングシステムの申請手続きを行った。米球団との交渉が解禁され、日本球界トップクラスの左腕の争奪戦が始まった。「代理人とは連絡を取って、コミュニケーションを図っている」。球団のポスティング申請後初めて公の場で取材に応じた菊池は、日本で情報を得ながら行方を見守っている。

 交渉期間は来年1月3日午前7時(日本時間)まで3...    
<記事全文を読む>