今季、初の本塁打王に輝いた西武・山川穂高内野手(27)が7日、大阪市内で行われた「ミズノブランドアンバサダーズミーティング」に出席。来季使用する野球用具について要望する場だが、山川は「何も変えません」ときっぱり。長さ87センチ、重さ920グラムの黒バットはプロ入りからの5年間、全く変えていないという。「バットは、手のひらの延長です。僕がバットに合わせる感じ」という“こだわり”に、山川なりの理由と信念がある。

 「振れないとき、トップの位置が違うからなのか、体が開いているからなのか、疲れているからなのか。原因がある。でもバットを変えると、自分の状態が分...    
<記事全文を読む>