2年連続日本一に輝いたソフトバンクが6日、福岡市のホテルで徳島県の板東湧梧投手(JR東日本、鳴門高出)ら新人11選手の入団発表を行った。背番号「50」に決まった板東投手は「憧れの摂津さんの50番を受け継いだのでしっかりやらないといけない。先発と2桁勝利を目指す」と話した。緊張からか「入団」と言うところを「入社」と間違うハプニングもあった。

...    
<記事全文を読む>