日本ハムは5日、札幌市内の球団事務所で6選手との契約を更改した。今季チームトップタイの140試合に出場し打率2割7分8厘、盗塁王とゴールデングラブ賞に輝いた西川遥輝外野手は今季の1年1億6千万円から、来季以降は2年総額4億円で合意した。

 今季52試合に登板し、チーム一の19セーブをマークした石川直也投手は2100万円増の3400万円でサインした。主にリリーフで防御率2・16と安定感を発揮した浦野博司投手は1060万円増の3千万円で更改。

 このほか加藤貴之投手は300万円増の3500万円で、高梨裕稔投手は現状維持の3600万円でサインした。

 3年...    
<記事全文を読む>