西武の山川穂高内野手(27)が5日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、7760万円増の年俸1億1000万円でサインした。今季年俸の3倍以上で、アップ額は今オフここまで更改した選手でチーム最高となった。(金額は推定)

 5年目は初めてシーズン全143試合に出場して打率・281、リーグ最多の47本塁打、同僚の浅村に次ぐリーグ2位の124打点をマーク。全試合4番でチームを10年ぶりのリーグ優勝に導き、西武勢では16年ぶりのMVPに選ばれた。

 大台を突破し、会見では「うれしいです」と満面の笑み。「(交渉で)文句はないと言ってもらった。リーグ優勝に大きく貢献してく...    
<記事全文を読む>