プロ野球で2千安打を達成したソフトバンクホークスの内川聖一(36)=大分工高出身=に4日、県賞詞、大分市民栄誉賞が贈られた。
 県庁であった県賞詞授与式では、広瀬勝貞知事が県賞詞と副賞の「おおいた和牛」(1・1キロ)を手渡し、「2千安打はプレッシャー、周囲の期待が大きかったと思うが、気力、体力をしっかり持ってやっていた。これからも頑張ってほしい」と激励した。内川は「人生で何回ももらえる賞ではないのでうれしい。自分の活躍が県民の皆さんへの刺激や活気になってくれれば。来季も頑張りたい」と決意を述べた。
 市役所で市民栄誉賞授与式があり、佐藤樹一郎市長が「市民に希望を与え...    
<記事全文を読む>