西武の秋山翔吾外野手(30)が3日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、1490万円増の年俸2億3490万円プラス出来高払いで更改した。来季は3年契約の3年目。来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得見込みで球団からは現契約を破棄しての新たな複数年契約を提示されたが、固辞して2020年からの米メジャー挑戦に含みを持たせた。(金額は推定)

 今季は最多安打のタイトルに輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。「(球団から)フルイニングに出ながら数字を残し、評価していると言ってもらえた。優勝で応えられた」。晴れ晴れしい会見に笑顔を浮かべながらも、契約の詳細についての話になると...    
<記事全文を読む>