西武の秋山翔吾外野手(30)が野球の普及、振興を目的としてカンボジアを訪問することが1日、分かった。今月初めに現地で野球教室などを行う予定。現役のトップ選手による異例の同国訪問となる。

 西武は2013年から使用していない野球用具をチームで集めて東南アジアなどの地域に寄贈する活動を続け、カンボジアにもバットやグラブなどを贈っている。また同国で開催された国際親善試合に協賛するなど、野球の普及をサポートしている。

 秋山はメットライフドームで観戦した小学生以下の子どもたちにグラブを無料配布するなど、野球人気の拡大、プレー人口の増加につながる活動に力を入れている。今回...    
<記事全文を読む>