プロ野球北海道日本ハムの栗山英樹監督(57)が1日、胆振東部地震で被害が大きかった胆振管内厚真、安平、むかわの3町と、日高管内日高町を訪ね、地元の児童らを激励した。

 厚真町の厚真中央小では、学習発表会で子供たちが合唱などを披露。池田健人(けんじ)校長から「子供たちの頑張りを見てほしい」との手紙を受け取ったことがきっかけで被災地を訪問した栗山監督は「皆さん大変だったと思うけれど、これからもぜひ頑張ってください」と呼び掛けた。

...    
<記事全文を読む>