「プロ生活の中で一番悔しくて情けないシーズンだった」。東北楽天の則本は悔しさを隠さなかった。
 今季はルーキーイヤーの2013年から6年連続の2桁勝利を果たし、5季連続の奪三振王にも輝いた。球団からは「6年連続の規定投球回数を達成しくれて感謝したい」と評価されたが、エースは満足していない。
 5月19日の日本ハム戦から約1カ月半も白星から見放された。「6年目にして一つ勝つことの喜びと大変さを味わえた」と感慨深げに語る。右肘痛や持病のぜんそくを発症したのも心残りで「健康でいられることが一番の課題」と語った。
 今年のオフも米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手...    
<記事全文を読む>