バレーボールVリーグ男子のJTで、山本がイメージチェンジを図っている。エドガーとともにスパイクを連打した昨季に比べ、今季は堅実なプレーを貫く。「僕以外にしっかり打てる選手がいる。周りを生かし、自分も生きるプレーをしたい」と新たなスパイカー像を模索する。

...    
<記事全文を読む>