バレーボールのVリーグ女子2部は17日、酒田市国体記念体育館などで5試合が行われた。ホーム開幕戦を迎えた本県のプレステージ・インターナショナルアランマーレは大野石油広島を3―1で破り、シーズン開幕から3連勝した。通算成績は3勝で、順位は単独1位となった。

 アランマーレは1―1で迎えた第3セットに精度の高いサーブが決まり、主導権を握った。アウトサイドヒッター江川優貴、ミドルブロッカー本間有貴(鶴岡北高出)のアタックなどで11連続得点し、25―13でこのセットを奪うと、第4セットも25―23で競り勝った。

 アランマーレは18日に同会場で姫路と...    
<記事全文を読む>