バレーボール男子のVリーグのV1(一部)に今季から参戦しているVC長野トライデンツを応援しようと、本拠地のある南箕輪村がホームゲーム観戦ツアーの参加を呼び掛けている。

 ツアーは、村が用意したバスで松本市総合体育館へ向かいホームゲームを観戦する。選手を間近で見られるシートのチケット付きで、料金は五百円。通常チケットの約十分の一という。

 VC長野のホーム戦は、Vリーグとのライセンス契約で三千人以上の収容能力がある体育館での試合開催となっているため、本拠地である南箕輪村ではなく松本市で開催している。チームは、ホーム戦の観客目標を三千五百人としている。

...    
<記事全文を読む>