24、25日に岡山市のジップアリーナ岡山であるバレーボール「V1」女子の岡山大会を前に、岡山シーガルズの選手らが6日、JR岡山駅東口で今季最初のホーム2連戦の観戦を呼び掛けた。

 前田明里、長瀬そら、下司響生の新人3選手とスタッフ、マスコットキャラクターのウインディーが参加。駅利用者らに「ホームゲームの開幕戦があります。応援よろしくお願いします」と声を掛けながら、選手名鑑入りのちらし約2千枚を配った。長瀬は「粘り強いつなぎを見てもらえるようしっかり準備したい」と意気込んでいた。

 V1はプレミアリーグに替わる国内最高峰リーグで11チームが参戦...    
<記事全文を読む>