バレーボールの新リーグ「Vリーグ」女子が11月3日に開幕する。川崎市中原区を拠点にするNECレッドロケッツは、東京・駒沢体育館でデンソーエアリービーズとのオープニングゲームに臨む。昨季のプレミアリーグ5位からの巻き返しを図るレッドロケッツの注目は、10月の世界選手権で活躍した日本代表の古賀紗理那(22)、島村春世(26)の両選手。創部40年の節目のシーズンとなる今季は、リーグも川崎の街も熱くする覚悟だ。

 世界の強豪と渡り合ったが、目指したメダルには届かなかった。2020年東京五輪のエース候補として期待される180センチの古賀選手はスパイク、ブロック、サーブを合わ...    
<記事全文を読む>