第55回全国大学ラグビー選手権第2日は1日、パロマ瑞穂で2回戦が行われ、7大会連続7度目出場の朝日大(東海・北陸・中国・四国代表)は福岡工大(九州リーグ1位)との初戦に挑む。

 昨大会悲願のベスト8入りを目前に3回戦で敗退した朝日大は2回戦からの登場。1回戦で北海道大(東北・北海道代表)を108―0で圧倒した福岡工大と戦う。勝てば、昨大会3回戦で惜敗した流通経大(関東リーグ3位)と再戦できるだけに、吉川充監督は「勝ってリベンジしたい」と闘志を燃やしている。

 全国大会出場を決めた環太平洋大(中国・四国代表)との決定戦は42点差で快勝したが、主将のCTB竹崎僚太は...    
<記事全文を読む>