来年に国内で開かれるワールドカップを前にラグビーへの注目が高まる中、県内を拠点に活躍する三チームの選手らが二十六日、県庁を訪れ、鈴木英敬知事らにトップリーグや全国大会の出場を報告した。

 四日市市に拠点を置く女子チーム「PEARLS(パールズ)」は、七人制の国内トップリーグに年間を通じて初参戦し、総合成績で十二チーム中二位となった。斉藤聖奈主将は「来年に県内である大会の勝利、総合優勝を目指して頑張りたい」と抱負を述べた。

 パールズのジュニアチームは東海大会で優勝し、十月に初めてあった十八歳以下の全国大会で九位となった。三谷咲月主将(四日市メリノール学院高三年)...    
<記事全文を読む>