佐賀県内で2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプを実施するフィンランドのオリンピック委員会(FOC)と県は27日、東京都内の同国大使館で覚書を締結した。複数競技がまとまった代表選手団の事前キャンプの県内誘致は初めて。

 締結式では、FOCのティモ・リタカッリオ会長と山口祥義知事が覚書にサインした。ティモ会長は「佐賀とFOCのグレートジャーニーが始まった。選手にとって直前のキャンプはとても大切だが、それ以上にスポーツを通して交流を深めることが大切だ」と感謝を述べた。

 山口知事は「最大限の準備をするので何でも言ってほしい」とあいさつし、フィンランド語で「...    
<記事全文を読む>