道は27日、2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪カーリング女子で男女を通じて初の表彰台となる銅メダルを獲得したロコ・ソラーレのメンバー5人に、道民栄誉賞を贈った。

 5人全員が北見市出身で、チームも同市を拠点にしている。贈呈式は札幌市中央区の道議会庁舎で行われ、本橋麻里代表理事(32)、スキップ藤沢五月選手(27)、姉妹のサード吉田知那美選手(27)とリード夕梨花選手(25)、セカンド鈴木夕湖選手(26)が出席した。

 高橋はるみ知事が「皆さんの活躍で道民のカーリングへの見方も大きく変わった。次は(4年後の)北京五輪を目指して」と激励すると、藤沢選手は「カーリング...    
<記事全文を読む>