山形大空手道部の女子チーム3人が、今月開かれた全国国公立大学選手権の組手競技で優勝の快挙を成し遂げた。昨年2回戦で敗退した悔しさをばねに、稽古を重ねてつかんだ初制覇の栄誉。メンバーは「最高の日になった」と喜んでいる。

 出場したのは地域教育文化学部2年飯塚もも香さん(20)、人文社会科学部2年松田ほのかさん(19)、農学部1年小川さくらさん(18)の3人。空手道部に所属する13人のうち、女子部員は6人おり、平日週3日、各キャンパスで練習を行っている。

 大会は大阪府吹田市の大阪大で4日に開かれた。形と組手があり、組手競技には3人一チームで36校が出場。トーナメン...    
<記事全文を読む>