二〇二〇年の東京パラリンピックで、ゴールボールなど四つの競技の会場となる千葉市は、より多くの市民に障害者スポーツに親しんでもらおうと、競技用具の無料貸し出しを拡充した。車いすバスケットボールで使う競技用車いすの貸し出しを、新たに市内五つの体育館で始めたほか、千葉ポートアリーナ(中央区)にはボッチャ用具も用意した。

 市は昨年九月から千葉ポートアリーナで、競技用車いすやゴールボール、シッティングバレーボールの用具を無料で貸し出している。

 今回、中央区以外の五区の拠点となる体育館に、競技用車いすを六台ずつ配備した。千葉ポートアリーナには、ボッチャのコートやボールな...    
<記事全文を読む>