卓球の新リーグ「Tリーグ」は25日、東京・青山学院記念館で男子の1試合が行われ、岡山リベッツが東京を3―2で下し、3勝4敗とした。3戦ぶりの白星で勝ち点を11に伸ばし、順位は3位。東京は開幕からの連勝が6で止まったが、勝ち点20(6勝1敗)で首位をキープした。

 リベッツは第1試合のダブルスで上田、森薗組が水谷、松平組にストレート勝ち。シングルスは張本、水谷に連敗したが、第4試合で上田が大島に3―1で勝って2―2とし、1ゲームで争う第5試合で吉村が張本を11―6で破った。

 リベッツは次戦の12月8日、岡山市の岡山武道館で東京と対戦する。 <記事全文を読む>