グランドスラム大阪大会第1日は23日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計4階級が行われ、女子52キロ級は18歳の世界女王、阿部詩(兵庫・夙川学院高)が昨年の東京大会に続き2連覇を達成した。

 9月の世界選手権と今大会の連続優勝により全日本柔道連盟の基準を満たし、来年の世界選手権(東京)代表に決まった。

 阿部は準決勝で志々目愛に一本勝ちし、角田夏実(ともに了徳寺学園職)との決勝は延長戦で三つ目の指導を引き出し、反則勝ちした。

 兄で男子66キロ級世界王者の阿部一二三(日体大)は決勝で丸山城志郎(ミキハウス)に延長戦で技ありを奪われて敗れた。丸...    
<記事全文を読む>