ラグビー日本代表WTB福岡堅樹(26)ら多くの日本代表を輩出してきた福岡高に、2020年東京五輪の出場が期待される“ラガール”がいる。7人制女子日本代表のSO永田花菜(3年)で、9~10月に3大会開かれたアジア女子セブンズシリーズに出場。持ち味のキックと福岡高で鍛えたタックルに磨きをかけ、先輩とともに大舞台に立つ日を夢見ている。

 短い時間でも得難い財産になった。9月のアジア女子セブンズシリーズ香港大会。初招集の永田は初戦の韓国戦で後半途中に代表デビューを果たすと、韓国大会とスリランカ大会で1試合ずつフル出場した。「海外の選手はスピード感が違ったし、...    
<記事全文を読む>