アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは18日、日光霧降アイスアリーナで王子と対戦し、2-4で敗れた。今季2度目の3連敗を喫し、通算成績は11勝9敗、勝ち点31で4位のまま。

 バックスは第1ピリオド6分24秒に先制点を奪われた後、2度のパワープレー(PP)の好機を得るも王子の堅守を崩せず無得点。第2ピリオドは4分36秒、PPでFW寺尾裕道(てらおひろみち)の強烈なシュートで同点とすると、続く5分29秒にはFW今野充彬(こんのみつよし)が逆転ゴールを決めた。

 しかし、7分7秒にキルプレーで失点。11分58秒にも勝ち越し点を許し、再び追う展開とな...    
<記事全文を読む>