フットサルデュアリグFリーグ1部第22節最終日は18日、北海きたえーるほかで4試合を行い、第21節終了時点で10位のエスポラーダ北海道は6位の大分に1―2で敗れた。2連敗で通算成績は5勝1分16敗の勝ち点16のまま、11位に落ちた。

 エスポラーダは0―1の後半33分、十川のゴールで同点としたが、試合時間残り0秒のラストプレーで大分に決勝点を奪われた。

 エスポラーダの次節は23日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナでFリーグ選抜と対戦する。

...    
<記事全文を読む>