スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦の帯広大会第2日は17日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行い、女子500メートルは平昌五輪覇者の小平奈緒(相沢病院)が37秒29で制した。同種目のW杯連勝を17、国内外での連勝を31に伸ばした。辻麻希(開西病院)が7位、曽我こなみ(日本ハウスH&R・佐久長聖高出)が8位に入った。

 女子マススタートは平昌五輪金メダルの高木菜那(日本電産サンキョー)が優勝。男子500メートルは羽賀亮平(日本電産サンキョー)が34秒71、女子1500メートルは高木美帆(日体大助手)が1分55秒12でともに2位に入った。
...    
<記事全文を読む>