アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは15、17、18の3日間、日光霧降アイスアリーナで王子と後半戦の幕開けとなる3連戦を行う(15日は午後6時半、17日と18日は同2時開始)。現在、クラブ新記録の8連勝中と状態は絶好調。プレーオフ進出に向けた戦いが、ここから本格化する。

 バックスの前半戦成績は11勝6敗、勝ち点30の4位。今季は開幕3連敗と苦しいスタートとなったが、10月以降は8勝0敗。守備の安定感を取り戻したことに加え、7試合で先制点を奪うなど「先行逃げ切り」の必勝パターンが定着。パワープレー成功率はリーグトップの26・79%(14日現在)をマークす...    
<記事全文を読む>