日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは11日、ANA ARENA 浦添(浦添市民体育館)でトヨタ車体と対戦し、22―33で大敗した。コラソンは連敗を止められず、通算成績は1勝8敗となった。この試合は琉球新報社の冠試合として行われた。

 コラソンは前半、相手の横一線守備を崩せずに7連続失点などもあり、11―16で折り返す。後半は守備システムを変えたが、パスミスなどで攻撃機会を失い、さらに点差が開いた。トヨタ車体の玉城慶也(興南高―早稲田大出)は2得点だった。

 コラソン―トヨタ車体戦の前に行われた大崎電気―湧永製薬戦は大...    
<記事全文を読む>