◇フィギュアスケートNHK杯

 勝っても宇野に満面の笑みがないのは、一筋縄にはいかない悩ましい問題を抱えているからだ。体の調子が良いために回りすぎて、どうにも4回転トーループを降りられない。前日のSPと同じ失敗をフリーでも繰り返し、「どうコントロールするか考えていきたい」と自らに課した。

 序盤の単独の4回転トーループは難なく着氷し、3.39の高い出来栄え点を得た。乱れたのは続く4回転-2回転の連続トーループ。この1本目で悪癖が顔を出し、バランスを崩した。SPのミスも連続トーループ。「コンビネーションになるとうまくできない」...    
<記事全文を読む>