グランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯第2日は10日、広島県立総合体育館で行われ、女子はショートプログラム(SP)で5位だった16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に2度成功して154・72点で1位となり、合計224・31点で日本勢初のGP初出場優勝を果たした。

 第1戦優勝の宮原知子(関大)がSP、フリーともに2位の合計219・47点で2位となり、3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)とともにシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。三原舞依(シスメックス)は204・20点で...    
<記事全文を読む>