ハンドボールの日本リーグ男子のトヨタ自動車東日本は10日、宮城県大郷町のフラップ大郷21で豊田合成と対戦し、24-33で敗れた。通算成績は1勝1分け9敗。
 序盤は速攻から得点を重ねて流れに乗りかけたが、その後は相手の堅守に阻まれて逆転を許し、14-17で試合を折り返した。後半は個人技に勝る豊田合成の外国人選手に得点を許して差を広げられた。
 リーグ戦は中盤を迎えるが、チームは大きく黒星が先行している。11日も同会場で大同特殊鋼との試合があり、中川監督は「今後の巻き返しのためにも、しっかり切り替えて明日に臨みたい」と語った。

 ▽男子
豊田合成...    
<記事全文を読む>