平昌冬季パラリンピックのスノーボード男子バンクドスラローム下肢障害で金メダルを獲得後、スノーボードを引退し、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて五輪とパラ両方の夏季競技から挑む競技を探していた24歳の成田緑夢(ぐりむ)=写真=が8日、都内で会見し、「東京はパラリンピックの走り高跳びで出場を目指す」と表明した。

 成田は3年前から陸上にも取り組んでおり、今年7月のジャパンパラ陸上の走り高跳びではT44(切断など)のクラスで1メートル75を記録して優勝。五輪競技のカヌーや射撃、他のパラ競技も試したが、大会まで2年を切り、クラス分けの条件や経験から最も出場可能性が高い競技を...    
<記事全文を読む>