日本サッカー協会は6日、フットサル日本代表候補19人を発表し、かほく市出身の田村龍太郎(29)が初選出された。13~15日に茨城県で行われる合宿に参加する。
 160センチ・60キロ。FC湖北、遊学館高サッカー部、社会人チームのかほくFCメアーレでプレーし、フットサルに転向。現在はFリーグ1部(F1)のバサジィ大分に所属し、リーグ14位タイの10得点(20試合出場)を挙げている。
 かほく市サッカー協会は「Fリーグ通算200試合出場を達成しており、代表でも活躍を期待している」とコメントを出した。

...    
<記事全文を読む>