アイスホッケーアジアリーグは6日、苫小牧白鳥王子で1試合を行い、王子がゲームウイニングショット(GWS)戦の末、日本製紙を3―2で下し、連敗を3で止めた。王子は第1ピリオド9分すぎFWフォジェが先制、逆転された後の第2ピリオド7分すぎにFW三田村のゴールで同点とした。

...    
<記事全文を読む>