国内各地から社会人の水泳愛好者が集う全国大会「全国マスターズスイミングフェスティバル」が来年3月、金沢市の金沢プールで開催されることが決まった。世界記録や日本記録が公認される大規模な大会で、石川県内で初開催となる。参加者や大会関係者ら約千人の来場が見込まれ、競技のほかに開催地の観光を楽しみにする参加者も多く、経済効果の波及が期待される。
 41回目となる全国マスターズスイミングフェスティバルは来年3月9、10日に行われ、日本スイミングクラブ協会(JSCA、東京)と石川県水泳協会が主催する。高校生を除く18歳以上が出場し、自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの25~200メートル...    
<記事全文を読む>