ホッケーの全日本学生選手権第2日は1日、駒沢オリンピック公園などで男子2回戦、女子1回戦の計12試合を行い、男子の朝日大(東海)は1-1のSO戦の末に天理大(前回2位)に敗れた。

 朝日大は第1クオーター8分に先制を許した。しかし、第2クオーター以降は粘り強く守り、徐々にペースをつかむと、第4クオーター4分、森涼堅がシュートを決め同点とし、SO戦に突入した。SO戦ではGK北河拓実が好セーブする場面もあったが、1-3で敗れた。

 第3日は2日、同公園などで男女の準々決勝を行い、女子の東海学院大(前回4位)は中京大(東海)と戦う。

...    
<記事全文を読む>