プロレス・ドラゴンゲートの七尾チャリティー大会(本社後援)は31日、七尾市の七尾城山体育館で行われ、レスラー22人が5試合で迫力ある戦いを繰り広げ、約410人の観客を沸かせた。
 メインの6人タッグマッチでは、ドラゴンキッド・石田凱士・土井成樹組と、Kagetora・B×Bハルク・YAMATO組が対戦した。選手は豪快な技を次々と繰り出し、会場は熱気に包まれた。
 大会には七尾市石崎小、七尾東部中、中能登町鹿島小の児童、生徒や福祉施設の利用者らが招待された。金沢大会は来年1月19日午後6時から金沢市の金沢流通会館で行われる。

...    
<記事全文を読む>