高知県安芸郡芸西村の黒潮カントリークラブで行われた男子プロゴルフのカシオワールドオープン。最終日の25日は、上位陣が僅差で優勝を争う展開となり、約3760人の観客がプロの力量を存分に堪能した。
 
 地元ギャラリーの注目を集めたのは、高知市出身の片岡大育(だいすけ)選手と石川遼選手が一緒に回った組。高知市栄田町3丁目の会社員、島津敦さん(55)は「日本のスターと高知のスターが一度に見られてうれしい。片岡選手は飛距離で石川選手に負けるけど、正確なアプローチで頑張って」と2人の対決を見守った。

...    
<記事全文を読む>