女子ゴルフの畑岡奈紗(19)=笠間市出身=が4日、滋賀県瀬田GCで行われた日米両ツアーを兼ねるTOTOジャパンクラシックを制し、米ツアー通算2勝目とした。米女子ツアーでの日本勢の同一シーズン複数勝利は、2016年の野村敏京以来。今大会の日本人優勝は11年の上田桃子以来、7年ぶりとなった。

優勝を成し遂げた畑岡は「(今大会が)始まる前から勝ちたいと気持ちが強かった。最後までどうなるか分からなかったが、自分のゴルフを信じてプレーした。応援のおかげで勝てた。日本で勝ててよかった」と笑顔を見せた。

畑岡は最終日、首位に4打差の3位タイでスタート。6番...    
<記事全文を読む>