第67回県縦断駅伝(信濃毎日新聞社、長野陸協、県教委、信毎文化事業財団主催、NTT東日本長野支店、長野日産自動車など協賛)は17日、15チームが出場し、2日間の日程で始まった。初日は長野市から岡谷市までの12区間118・4キロ。地域の期待を背負う選手たちは、沿道からの盛んな声援を受けながら力走を続けた。

 チームカラーのたすきを掛けた15選手は、午前8時半に信濃毎日新聞長野本社前を一斉にスタート。1区は全諏訪と上伊那が先頭で競り合い、ほぼ同時に中継した。3区までは全諏訪が首位を走った。

 5連覇を狙う上伊那は、全諏訪から1分17秒差の3位でた...    
<記事全文を読む>