立大は13日、2024年の創立150周年に向けた記念事業として「立教箱根駅伝2024」事業を立ち上げ、陸上部の男子駅伝監督に佐久市出身の上野裕一郎(DeNA)が就任すると発表した。上野は11月末でDeNAを退社し、12月1日付で就任。立大によると、現役として競技は続ける方針で、所属などは現段階で未定としている。

 33歳の上野は佐久長聖高から中大を経て、エスビー食品時代に09年世界選手権5000メートルに出場。全国都道府県対抗駅伝の優勝など各種駅伝でも活躍した。上野は立大を通じて、「まずは箱根駅伝の本戦出場が目標だが、世界でも活躍できる選手の育成を目指していく。学...    
<記事全文を読む>