福岡マラソン2018が11日、福岡市と糸島市を結ぶコースであり、フルマラソン女子は佐賀市の吉冨博子(メモリード)が大会新記録の2時間30分9秒で2年連続3度目の優勝を飾った。

 フルマラソンとファンラン(約10キロ)に約1万3700人が出場。フルマラソン男子は大阪府堺市の浜田浩佑(GRlab)が2時間26分34秒で頂点に立った。

 

自身の記録、7分1秒更新

 県長距離界を代表するトップランナー吉冨博子が、また一つ快挙を成し遂げた。昨年の大会で自身がつくった大会記録を一気に7分1秒更新する2時間30分9秒でゴール。2月の東京マラ...    
<記事全文を読む>