第34回東日本女子駅伝競争大会は11日、福島市の信夫ケ丘競技場を発着点に行われる。午後0時3分スタート予定。

 18都道県の女性ランナーが9区間、42.195キロでレースを繰り広げる。昨年11位の本県は、ふるさと選手の石井寿美(ヤマダ電機、矢祭町出身)をはじめ大学生、中、高校生のバランスの取れたチームで4年ぶりの入賞を目指す。

...    
<記事全文を読む>