陸上の日本選手権女子100メートルの覇者、世古和(のどか)選手(27)=乗馬クラブクレイン=を講師に招いた練習会が3、4の両日、秋田市雄和の県営陸上競技場で開かれた。4日は秋田市などの小中高生約60人が参加。世古選手は「一日一日の練習を大切にして陸上に取り組んでほしい」と呼び掛けた。小中学生の陸上クラブ秋田ベーシックTCの主催。

 世古選手は6月の日本選手権で、日本記録保持者の福島千里選手(セイコー)を11秒64で破り、9月の全日本実業団対抗選手権は11秒66で制するなど、短距離界のトップランナーとして注目されている。自己ベストは11秒50。

...    
<記事全文を読む>