バスケットボール男子Bリーグ1部の川崎と横浜がぶつかる今季最初の「神奈川ダービーマッチ」は12月8、9の両日に川崎市とどろきアリーナで開かれる。決戦に先立ち、川崎・篠山竜青と横浜・細谷将司の両主将の対談が初めて実現。ともに県内出身のポイントガードは互いの健闘を祈りつつ、地元・神奈川への熱い思いをぶつけた。


「裾野を広げ活性化を」 川崎主将 篠山竜青
「CS決勝で戦いたい」 横浜主将 細谷将司


 -「神奈川ダービー」は特別か。

 篠山 僕は中学校まで横浜にいて、高校で県外に出た。神奈川ダービーにはい...    
<記事全文を読む>