バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは26日、長野市内で記者会見し、来季のB1ライセンス取得の申請を今月末に行うと明らかにした。昨季も申請したものの、承認されなかった。現在、チームは中地区首位と好調。運営会社の片貝雅彦社長は「ライセンスを勝ち取る準備を進める」と語った。Bリーグによる審査は来春に行われる予定。

 取得には、5千人以上収容のホームアリーナが必要となっているが、今季からホームアリーナのことぶきアリーナ千曲(千曲市)の収容人数は約3400人。運営会社は5千人規模の収容を目指し、1階部分の増席などを盛り込んだ計画案を千曲市に提出している。市スポーツ振興...    
<記事全文を読む>